後遺障害等級認定とは

はじめに後遺障害とは

ケガが治ったとき身体に残った障害のことをいいます。もう少し詳しく説明しますと、この先、治療を続けても今以上症状が改善する見込みがない状態になったときに残った精神的・身体的な毀損状況をいいます。

ちなみに今以上に改善する見込みがない状態になったことを「症状固定」といいます。この症状固定は、本来、医師の診断をもとにした客観的な法的判断ですが、保険会社が他の資料等をもとに症状固定とし、治療費を打ち切る場合もあるので注意が必要です。

後遺障害等級認定とは

自賠責保険では、上で説明した「精神的・身体的な毀損状況」を自動車損害賠償法施行令2上、別表後遺障害別等級表に当てはめて等級認定を行うことをいいます。自賠責保険ではこの当てはめを行うときに、労災保険における障害認定基準に準拠するものとされいます。裁判例の大半もこの基準に基いて等級評価を行うのですが、これと異なる等級を認定する裁判例も少なくありません。

後遺障害が認定された場合のメリット

加害者が加入する保険会社から認定申請してもらうのと違い、被害者自らが認定申請する被害者請求の場合は認定された等級に応じた後遺障害部分の賠償額のうち、自賠責の限度額を示談をすることなく先取りすることができます。これは大きなメリットで、受け取った限度額を訴訟費用や着手金、治療費などにつかうことができるようになります。

後遺障害が認定された場合、されない場合の違い

後遺障害等級が認定されるとされないとでは、損害賠償の請求項目に違いがあらわれ、認定された等級によっても慰謝料等がかわってくるので、損害賠償を請求するうえで非常に重要となります。

tigai1

tigai2